地デジアンテナのデメリット

地上デジタル放送を見る方法

地上デジタル放送を見る方法としては、ケーブルテレビを利用する方法と、家に八木式アンテナを取り付けて自分自身にて電波を受信して見る方法があります。ケーブルテレビを利用する方法の場合は、光ファイバーを家に引き込み専用の受信機にて受信してテレビに接続することで見られるようになります。一方、八木式アンテナを設置する場合には、UHF帯の電波を受信しますが、テレビにはUHF受信機が搭載されているため、アンテナからの信号を直接テレビに接続することで地上デジタル放送が見られるようになります。また、アンテナ受信により見られるテレビとしてはパラボラアンテナをつければ、BSデジタル放送やCSデジタル放送も視聴可能になります。

アンテナのデメリット

地デジアンテナを設置するデメリットとしては、アンテナが自己管理となることで、例えば台風などの強風によってアンテナが破損したり倒れてしまったりしたときには自己責任にて直さなければならないことです。また、地上波デジタル放送はUHF帯という高周波電波を利用しますので、雨や雪などで邪魔されると電波が伝わらないことがあるため、天候によっては地上デジタル放送が見にくくなってしまうこともあります。 逆にケーブルテレビのメリットとしては天候にかかわらず安定して地上波デジタル放送が見られることと、一般的にケーブルテレビではBS放送やCS放送などの番組も流してくれているため、ケーブル一本引くのみで豊富な番組を楽しめるのが魅力の一つとなっています。