地デジアンテナのメリット

地デジ放送を受信する方法

地デジ放送を受信する方法としては、地デジアンテナを設置する方法とCATVを引く方法の2種類があります。これらの違いはテレビ電波の受信の仕方が異なります。CATVの場合は、テレビ電波の送信元となる電波塔から光ファイバーのケーブルを通して契約者の住居に送信され、住居には専用の受信機が必要となります。一方、地デジアンテナを設置した場合は電波塔から発信されているUHFの電波を受信してその信号を直接テレビに接続することで地上デジタル放送の視聴が可能となります。一般的にはテレビにはUHF受信機が搭載されているためCATVのように特別な受信機は不要ということになります。ランニングコストとしては地デジアンテナを設置した方が安くなります。

地デジアンテナを設置するメリット

先にも紹介した通り、地デジアンテナを設置した場合は、特別な受信機が必要ではないためランニングコストが安くなります。唯一発生する料金としては公共放送の受信料くらいなものでしょう。対して、CATVの場合は契約料金が毎月発生すると同時に、専用受信機のレンタル料を取られることもあります。ランニングコストを抑えたいのであれば自宅に地デジアンテナを設置するのが得策でしょう。ただし、設置の際にはアンテナ設置料金が発生します。おおよその目安としては、地デジアンテナのみの設置であれば1万円程度となります。なお、ブースターや分配器が必要な場合は、5000円ほどプラスになるケースもあります。CATVのメリットとしては天候に左右されず常に綺麗な映像を見られることです。